長野県小諸市の脳神経外科・内科・外科・リハビリテーション科 鳥山クリニック

長野県小諸市の脳神経外科・内科・外科・リハビリテーション科
鳥山クリニック

〒384-0051
長野県小諸市大字八満糯田187-1
TEL 0267-26-0308
▲Mobile Site 
トップページ»  動脈硬化を見る

動脈硬化を見る

頸動脈エコー(頸動脈超音波検査)とは?

頸動脈の動脈硬化度をみる検査です。

最近、超音波を用いて血管の状態を詳細に調べる事が出来るようになりました。
動脈硬化が特に問題となる頸動脈、冠動脈(心臓に血液を送る血管)、
大腿動脈(足に血液を送る血管)の中で、頸動脈は超音波で容易に観察できるため
“動脈硬化の窓”とも呼ばれ、これを調べることで全身の血管の動脈硬化度が予想出来るのです。

>>拡大図はこちら

頸動脈エコー(頸動脈超音波検査)とは?

動脈硬化が脳卒中・心筋梗塞の原因です。

動脈硬化とは、血管の壁が厚く硬く変化して、血液の通り道が細くなり、血液が流れにくくなる病気です。

動脈硬化が進むと脳や心臓の血管が詰まり易くなります(右上)。
最近は脳卒中や心筋梗塞など動脈硬化で血管が詰まる病気で日本人の約3割が亡くなっています(右下)。

>>拡大図はこちら

動脈硬化が脳卒中・心筋梗塞の原因です。

動脈の壁の厚さを示す内膜中膜複合体厚

血管の壁は3層構造になっていて、動脈硬化はこのうち内側の2層(内膜と中膜)が厚くなる状態です。
この厚さを、内膜中膜複合体厚(IMT)と呼び、日本人の正常上限は、0.9-1.0mmとされています。
1.1mm以上のIMTは「動脈硬化あり」と判断します。
超音波で頸動脈のIMTを計測することで動脈硬化の早期診断が可能になるというわけです(右図)。

>>拡大図はこちら

動脈の壁の厚さを示す内膜中膜複合体厚
 

頸動脈エコーは短時間で痛みを伴わない検査です。

首に超音波の通りを良くするゼリーを塗って超音波をあてるだけで頸動脈の壁の状態が詳細に観察出来ます。
検査に伴う痛みや苦痛はありません。食事制限もありません。検査時間は10分程度です。